良い声で合唱する方法

発声練習で声のウォーミングアップ

みんな意外に知らなかった発声練習

あなたはどんな発声練習をしていますか?
一生懸命にやっていると思います。
でも私の周りには「正しい発声練習を知っているか」と聞くと、意外に答えられない方も少なくないのです。

ここから分かることは、私たちは根拠もなくイメージ先行で、そして時には自己流で発声練習をしているということでした。

発声練習は奥が深いです。
これを上手く取り入れることができれば、より良い声で歌えるだけでなく、尊敬のまなざしや自身も手に入るでしょう。
古来より、歌の上手い人は尊敬されてきたのですから間違いありません。

まずは「ドレミファソラシド」の音階の上行下降を、半音ずつ上げたり下げたりして、声を出していきます。
やたらと高い音であったり、逆に低い音を無理して出す必要はまだありません。

まずはそんなところで声帯を慣らしていきましょう。

発声練習に適した歌をさがそう

私は歌が好きだ、好きで好きでたまらない。
だから「ドレミファソラシド」の音階での発声練習よりも、なによりも歌を歌いたいんだ。

そういう人は一定数います。

私はそういう人をせっかちだと思いません。
あなたはどういうタイプですか?

実は、発声練習を歌でおこないウォーミングアップする方法もあるのです。
コツはとてもシンプルです。
あなたはそれをすでに知っています。

世の中には歌がたくさんあります。
その中から、あなたにとって音域が無理なく出せる歌を選んでください。
そしてこの次の選別法が重要です。
「あなたの今の気分にあった歌」を選ぶのです。

実は、発声練習に適した歌の選び方はこんなところなのです。
簡単でしょう。

思いっきり楽しんじゃってください。
それがあなたの声帯に好影響を与えるでしょう。


TOPへ戻る