良い声で合唱する方法

合唱体験談からわかること

心のほぐしかたは仲間との交流から

合唱で「大きくよくとおる声」で参加することができれば、あなたには色々なものが手に入ります。
例えばそれは敬意のこもった視線であったり、自信であったりです。
「歌がより楽しくなる」というものも手に入りますね。

では、まずは一緒に歌う仲間と交流をしてみませんか?

「えっ?そんなこと?」と思うかもしれません。
しかしこの方法は、とある大学教授の論文でも紹介された立派な心のウォーミングアップ法なのです。

どんな些細なことでもいいのです。
合唱に関係ないことでもいいのです。
他愛ない交流を持ってほしいのです。

また、合唱における指導者的立場になっている方は、歌う前に交流のプログラムを組んでほしいと思っています。

まずは私たちの表情が柔らかくなります。
これが合唱する前に最高の状態なのです。

効果のでた心のウォーミングアップ法

心のウォーミングアップは、盲点になりやすくあまり多くの場所で取り入れられていません。

というより、その存在に気が付いていないだけという状態です。

まずは2人組になって、そして手をつないでみるのです。
意外にこれが不思議な安心感を与えてくれます。
「手当て」という効果です。

合唱はみんなで作り上げるものです。
仲間意識を育てるところから始めると、気が付けば体のあちこちにあった緊張感がほぐれ、また人前で歌うときに私たちが持ってしまいがちな「照れくささ」もかなり緩和されます。
自分は一人ではない、という思いは効果絶大です。
私たちはその効果を色々な体験で知っています。

指導者の立場にある人は、時には合唱のチームみんなで円になって、手をつないで歌ってみることも試してみましょう。
お互いの表情が見えて安心しますし、大きな声で柔らかい表情で歌うあなたに触発され、好循環が起きます。


TOPへ戻る