合唱に最適なウォーミングアップ

良い声で合唱する方法

合唱体験談からわかること

なにごともウォーミングアップは大切です。 それは合唱においても例外ではありません。 と、ここでさっそく声の出し方や喉のストレッチといった技術的なところに入ってしまわないように気を付けてください。 私たちはつい技術的なことに重点を置きがちですが、その前に心のウォーミングアップが最適なのです。

効果的なウォーミングアップとは

歌を歌う前にはストレッチをしておくと良いです。 理由は、歌を歌うことはスポーツをすることと同じだからです。 スポーツと同じ? そうなんです。 盲点になっていた方は、あなたの歌の才能を出し切れていない方です。 もったいない。 あなたの才能を発掘してみませんか。 もっとうまく歌える自分に出会いたくないですか。

まずは心からはじめよう

私たちには共通の経験がたくさんあります。

その中で、合唱体験は最大のものなのではないでしょうか。
あなたの周りに、合唱でやたら張り切っていた同級生がいませんでしたか?
私の思い出の中にはいます。
合唱ってなぜか燃えるものがあるんですよね。

方法をお伝えする前に、少し私の話をさせてください。

私は、生徒としても、また教育者の立場としても合唱に携わっていたことがあります。
学校によって合唱に対するスタンスはまちまちであったものの、どこの学校でも合唱には一定の熱意をもって取り組んでいました。
そして、どこの学校でも、熱意を持った先生や、まるで音楽の先生のような情熱を持った生徒がいました。
私は、その人たちに引っ張られる形で合唱に参加する生徒であり、また教育者だったのです。

彼ら彼女らには共通して高い熱意のほかに、私には持っていなかった強みを持っていました。

それは「大きくよくとおる声」です。

その声は、私を導くだけでなく、合唱の中心になる役割も担っていました。
「大きくよくとおる声」というのは合唱での強みになるだけでなく、誰しもが最初から身につけているスキルではなかったのです。

どのようにしたら、あのような声で歌えるようになるのだろう?
アドバイスをもらいながら、時には自分でも調べながら練習を続けていくうちに、あることを続けていれば少しづつでも歌えるようになるということが分かってきました。

私の体験談はここまでです。

テーマは「ウォーミングアップ」です。

ウォーミングアップでの技術やメンタルによって、合唱の強みである「大きくよくとおる声」は手に入ります。
合唱での中心になれるだけでなく、歌をもっと楽しむことができるようになります。

発声練習で声のウォーミングアップ

あなたは発声練習はしていますか? 発声練習で得られるメリットはたくさんあります。 良い声にするためとか、「さあ、これから歌うぞ」という気持ちを盛り上げる効果を期待してだったりとか。 プロもやっているから、プロっぽくて格好いい、なんて効果もあったりするかもしれませんね。

TOPへ戻る